基本的なお米の炊き方

炊飯器のスイッチをピッッ!と押せば、自動的にごはんを炊いてくれますが、それぞれの工程のポイントに注意するだけでさらにおいしいごはんを炊くことができます。

①洗米

昔に比べて精米技術が向上しているので、お米とお米をすり合わせるようにして研ぐ必要がなくなりました。

<洗米の方法>

・ボウルにたっぷりの水をはり、計量したお米を一気に投入します。

・1回目の洗米は、米ぬか臭くならないようにするため、サッと洗ってすぐ水を捨てます。

・その後、水を4~5回程度替えて洗います。

※水が完全に透明になるまで洗う必要はありません。

②水加減

基本的には、炊飯器の目盛通りでOK!

新米は古米に比べて水分量が多いので、若干水を少なめに。

無洗米は、通常の1割増し程度の水を入れます。

③吸水>

最低でも・・・・・

夏場 → 30分程度

冬場 → 2時間程度  吸水させるようにしましょう。

この吸水時間で炊きあがりにかなり差が出てきます!

しかし、吸水時間が長ければ長いほどいいというわけではありません。

どうしても洗ってすぐに炊かないといけない場合は、水ではなくぬるま湯で炊くようにしましょう。

④炊飯

タイマーを使う場合は、吸水時間が長くなり過ぎないように注意しましょう。

炊きあがったらすぐにフタを開けずに10~15分程度蒸らし、その後しゃもじで釜の底から返すようにごはんをさっくりと混ぜます。